トップロゴ
・このサイトについて ・コンタクト
プロフィール ブックデザイン ブックデザイン2Postcardゲームグラフィック写真

ブックデザイン

既存の本のデザインをあらためて作ってみました。主に、大学時代に課題で制作した作品が中心となっております。

内容紹介

母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、理性や人間性の不合理を追求したカミュの代表作。(Amazon内容紹介より)


公式のデザイン
内容紹介

カルパチアの保養地で毛皮の似合う美しい貴婦人と出会った青年は、残酷なヴィーナスに足げにされ鞭打たれる喜びを発見する。二人はフィレンツェに旅し、青年は婦人の奴隷になる契約を結ぶが、彼女に接近するギリシア人の出現に新たな苦悩の快楽を体験する―マゾヒズムの性愛を幻想的な世界に昇華させ、サドと並び称されるザッハー=マゾッホの長編小説。
(BOOKデータベースより)


公式のデザイン
内容紹介

1950年代に始まる文学運動は、ビート・ジェネレーションを生み出した。ケルアック、ギンズバーグら錚々たる作家たち(ビートニク)の中でも、バロウズはその先鋭さで極立っている。脈絡のない錯綜した超現実的イメージは、驚くべき実験小説である本書に結実し、ビートニクの最高傑作となった。映画化もされた名作の待望の文庫化。(BOOKデータベースより)


公式のデザイン
内容紹介

秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった……。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。(Amazon内容紹介より)


公式のデザイン
内容紹介

マサチューセット州アーカムにあるミスカトニック大学所蔵の異端書「ネクロノミコン」そこには失われた都市や国々の記録、さらに人類誕生以前の怖るべき暗黒の歴史が記されていた。はるか永却の昔、超越神との闘いに敗れ、星々と地球の奥深く封じ込められた暗黒の神々が今やよみがえろうとしているのだ。幻想文学の巨星ラヴクラフトが創造した“クトゥルー神話大系”ここに開幕。(BOOKデータベースより)


公式のデザイン
内容紹介

涜神と性的な強迫観念をテーマに書かれた本書は、サドの作品に比すべき幻想譚。無軌道な規範への挑戦が、読む者を夢魔の世界へと誘う。目玉、玉子…球体への異様な嗜好を持つ少年少女のあからさまな変態行為を描いた傑作。
(BOOKデータベースより)


公式のデザイン
内容紹介

サドの代表的著作、ジュリエットの物語『悪徳の栄え』と対をなす妹ジュスティーヌの物語には三つのバージョンが残存している。本書はその最初の版である「原ジュスティーヌ」とでも称すべき中篇である。バスティーユ牢獄中にて書かれ、革命のどさくさに粉れて紛失され、100年ののちに陽の目をみた本書はサドの思索のエッセンスが凝縮された異色作。(BOOKデータベースより)


公式のデザイン
内容紹介

腕は確かだが無愛想で一風変わった中年の町医者、勝呂。彼には、外国人捕虜の生体解剖実験に関わった忌まわしい過去があった。病院内での権力闘争と戦争を口実に生きたままの人間を解剖したのだ。この前代未聞の事件を起こした人々の苦悩を淡淡と綴った本書は、あらためて人間の罪責意識を深く鮮烈に問いかける衝撃の名作である。(BOOKデータベースより)

公式のデザイン